損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
3/23 蛇足の話
今日で3連休も終わりです。
これで、今年度も終わりかと思いきや、
もう少しだけ学校はあるようです。

いよいよ新年度、というその少し前で、
ちょっとだけ休憩、というその中途半端な感じが、
この3連休にはありました。

それは、ちょうど、今の日経平均を示しているようです。

いよいよ下降相場、
というか、既に下降相場に入っているという見方も
ありうるくらい、すべての指標が下げを示している状況。

しかし、実際の仕掛けとなると、
すでに最初のチャンスは去って行ってしまっている状態。
仕掛けるにちょうどよい個別銘柄がなく、
次のチャンス=本格的な下降相場入りのときを狙って、
準備しておく段階です。

少なくとも、私はそう思っています。

通常、新年度に向かうときって、
明るく希望に満ちていたりするものですが、
日経平均の新年度は下降相場に入っていく感じです。

なんとも、やるせない、という気もしますね。

でも、それが、今の相場の結論なのでしょう。

トレードを離れて、日経平均のことを考えれば、
集団心理が、今の相場を「下降」と見ているということなのです。

それは、単に消費税の値上げとか、
そんなちんけなニュースのせいではないと思います。

もっと根本的なもの。

いうら政府がアベノミクスと騒いでも、
東京都が五輪をもってこようと、
集団心理は認めていないってことではないでしょうか?

一時は上昇したとしても、やっぱり下降して来てしまう、
そういう持合いから下降への相場の流れが、
それを示しているように思うのです

結局のところ、
本物でなければ大きなトレンドにはなりません。
イメージやコトバだけだと、扇動はされても、
大きな流れはできません。

私は、日本という国に誇りを持っています。
政治思想とかそういうレベルの話ではなく、
今、まがりなりにも、
地球上で、もっとも幸せで、とても安心安全な国を
創り上げているという認識があるからです。
それは、たとえ、アメリカの庇護の下であっても・・・です。

もちろん、それだからこその不安も沢山あります。
将来のことを考えると、恐ろしくなったりもします。

それでも、だからこそ今の日本は、地球に対して、
自分だけでなくグローバルな幸せや安心安全を考えるべき
宿命を負っていると思うのです。

それなのに、政府や政党のためでしかない施策が打たれたり、
他を切り捨てたりするようなことがあれば、
集団心理はそれを否とするのです。

これは、本当にトレードの仕掛けとは関係ありませんが、
チャートには、そういうことまで現れるものだと思います。

わかる人にはわかるはずなのです。
でも、それを言ったところで、
トレードの成績とは何の関係もないので表には出てこない・・・。

根拠もないですしね・・・。

・・・・・・・・・・・

まあ、トレードも主義や思想がからむようだと終わりです。
それは、私もよくわかっています。

こういう話は、たまにしかしないようにします。

明日からまた、頑張りましょう!


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
/>人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/808-261a0fbf
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック