損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
4/11 来るとこまで来ました
時間はかかりませんでした。
思ったよりも一気に来るところまで来てしまいました。

昨夜のニューヨークダウは、前日の大陽線から一転して暴落。
大陽線が、75日移動平均線上での、まさにダマシともいうべき
上昇になってしまいました。
最終的には75日線を割るまで下落し引けました。

それを受けた日経平均は、支えを失ったかのように、
一気に14,000円を割り込み、
いよいよ本格的な「下降相場」に突入です。
昨日、14,000円を割れると・・・ということを書きましたが、
早々とその通りになってしまいました。

ファストリ(9983)あたりがえらく落ちてますので、
その影響もあったかもしれません。

日経平均は「日足」だけでなく「週足」でも「下降」になりました。
「月足」でも、最小の波動としては「下降」です。

今日の日経平均がテーマとしていたのは、
14,000円と、その位置に来ていたボリンジャーバンドの-2σです。
大引けでは、14,000円だけでなく、-2σラインも割ったわけです。

その時点で、これまでの「売り」保持は利益確定ということで、
良かったと思います。
あるいは、月曜日の朝の利益確定とか。

もちろん、全部が全部仕切りでなくとも、
半分利確というのでも十分でしょう。

しかし、来週はまたどうなるかはわかりません。
先の動きは、いかなるときにも正確無比には読めません。

最終的なラインであった-2σを割り、
「下降」波動を成立させた、ということであれば、
これまた、反転上昇も想定できるわけです。
ここまで下げていれば、反転もいったん大きくなる可能性もあります。

もちろん、一方で-2σラインに沿って下げていくというシナリオも
ありますので、「売り」保持という目もあるわけです。

いろいろな可能性を考えると、
スイングトレードの場合は、利益確定は部分的にやっていくほうが
悔いの少ない形にはなります。

(また、今日の特筆はグリー(3632)。
 デイで75日線で「売り」待ちしていれば・・・と悔やまれます。
 約定したかどうかは別として、試すだけの価値はあったかなと
 思います。)

それにしても、今週はとてもすごい週でした。
いつものことですが、75日線恐るべし、を再認識させられました。
「日足」チャートのすべての中心は75日線だと思います。
傾いたこの線に株価が近づいた時が、仕掛けの最大のチャンスなのです。

このことだけは、どうあっても忘れてはいけません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

恐るべき75日移動平均線を中心にしたトレード手法を、
このセミナー動画では目の当たりにすることができます。
動画を見るだけでも、利益につながると思います。

「1ヶ月で株をビジネスにする究極の方法」

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
/>人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/832-9d0fa7d2
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック