FC2ブログ
損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
4/22 いきなり来たチャンス
やはり、日経平均は下降相場なのでした。

ニューヨークダウは終値ベースでちょい上げでした。
しかし、前日高値はクリヤできずに戻されました。
ローソク足としては陽線ですが、持合いの形です。

それを受けて日経平均は、昨日終値比でちょっと高めの寄り付き。
でもその後は、昨日の「分足」と同じような下落の波動。
後場には、あっと驚く直滑降。
いきなりの急落で、25日移動平均線も大した抵抗もなく一気に割れました。
14,5000円どころか14,400円も下回ってしまいました。

おまけに、短期の5日線も(一瞬は相場が止まる意志も見せましたが)、
ストーンと割れてしまいました。
先物など、15時以降にあっても、まだ足らぬとばかりに
ズドーンと売られました。

当然ですが、ローソク足の形は「下降」。
ローソク足の局面では、しばらくぶりに出てきた「下降」です。
チャートの波動の局面では、もともと「下降」でしたから、
これで、波動、ローソク足とも「下降」という、完全な下降トレンドです。

今日の25日線を割ったところは、「売り」ポイントでしたね。
これは、単なる結果論ではありません。
前々から「売り」のチャンスをうかがっていればこそのものです。

この急落時は、前々からこの相場を「売り」で狙っていた人たちにとっては
仕掛けで、ちょっとばたばたしたことと思います。
それくらいのチャンスでしたから。
仕掛けられる銘柄がたくさんあったと思います。

昨日あたりは、「もう少し上昇するまで様子見・・・」みたいな感じで、
余裕こいてました。
実際、次の「売り」チャンスは75日線付近だと思ってました。
少なくとも、数日はかかるんじゃないかと。

が、今日のような展開になれば話は別です。
どう見ても「売り」のチャンス到来ですね。

今日の大陰線で、日経平均の「日足」チャートには、
再び「売り」方向のサインが出てきました。

MACDも凹んできました。

25日線付近のこの場所からだと、
ボリンジャーバンドの-2σは、まだまだずっと下です。
それだけ、下げ余地が残されているということです。

そう考えれば、明日だってまだまだ「売り」チャンスは続きます。

これだけはっきりした「売り」の下降相場です。
日経平均の反発に合わせての「買い」など目論まないほうがいいです。
チャートの話しかけには、素直に答えたほうがいいのです。

ただし、もちろん「損切り」計画は忘れずに。

何より25日線は下向きになるまではいっていません。
あくまで横ばいです。
であれば、25日線周辺での乱高下もあり得る話。
いったん上に持って行かれることも当然に考えておくべきです。

(しかし、今日のJTの動きは何でしょうかね。
 こんな時に大陽線をつけているとは・・・。)

チャンスになると、どうしても攻めのことしか考えなくなりがちです。
でも、チャンスの時ほど、大失敗の種をつかむことも多いのです。

くれぐれも焦らずに。
自分を戒めるためにも、銘記です。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
/>人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/847-77e88d39
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック