FC2ブログ
損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
4/26 「損切り」を振り返る
昨日のニューヨークダウは下げましたね。
25日移動平均線が下の支えになったのでしょうか。
ちょっとした陰線になりました。

月曜の日経は、金曜の足の安値くらいから始まるのでしょうか。

閑散な相場が想定されますが、
そうとばかり思っていると、思わぬ暴落とかも
この時期にはよくあるので要注意ですね。

このブログも、ゴールデンウィークのことを書くのが3回目になりました。

私は、このゴールデンウィークの相場が来ると、
どうしても数年前の大損のことを思い出してしまいます。

ゴールデンウィークは、どうしても休みが飛び飛びになっていたり、
ギャップが空く要素が多くあって、
どうしても「損切り」ポイントを飛び越えてしまうケースがあるのです。

なので「損切り」できずに塩漬け株を作ってしまう出発点に
なりやすいという時期的特徴があります。

そのことは、何度か書いた気もするので、
昨年、一昨年のゴールデンウィークに、
どんなことを書いていたのか、ちょっと見てみました。

すると、自分の嫌な思い出のことも書いてあったり、
「損切り」の重要性を訴えていたり、
塩漬け株の処理の仕方とか、
まあ、やはりこの時期にありがちな失敗に関することが多かったようです。

そして、この2年に共通しているのが、
ゴールデンウィークだからと言って、そのための手法があるわけではなく、
普段通りに淡々と相場に対応していくこと、
と書いていることです。

結局のところ、
トレードは「損切り」がきちんとできるかどうかに、
最後はかかってきます。

最初に決定的に重要なのは「仕掛け」です。
「仕掛け」さえきちんとできれば、殆どのトレードは大丈夫です。
だから、きちんとした「仕掛け」のための勉強は、
必ずしなくてはいけないのです。

けれども、それで本当に成功するかどうかは、
最後は「損切り」なのです。

なぜなら、たった1回でも「損切り」を誤ると、
それで相場からの退場につながることもありうるからなのです。

本当に”たった1回”でもです。

どんなに普段はトータルで考えられていても、
99.9%、きっちりと行動で来ていたとしても、
”たった1回”の「損切り」ミスで、破滅することがありうるのです。

だからこそ、「損切り」については、
言って言いすぎることはありません。

どんな時でも、どんな場面でも、
「損切り」のことを忘れてはいけませんし、
うまくいっているときほど、
その”たった1回”が忍び寄ってくるときと思わなくてはいけないのです。

ちょっと、今年のゴールデンウィークは、
そういうことを振り返っていこうと思います。

普段は、日経平均の動きを追いかけて記事を終えていますが、
それだけでは不足です。

やっぱり「損切り」。
「損切り」が大事なんだということを、振り返ろうと思います。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
/>人気ブログランキングへ

スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/852-8d5a6b0c
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック