損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
3/24 コツコツ、ドカーン
トレードで損をしている人。

コツコツ、ドカーン。

つまり、少ない利益をコツコツ積み上げては、
大きな損失をドカーンとやってしまい、
結果として、トータルでマイナス。

よく言われていることですね。

でも、この「コツコツ、ドカーン」ができる人なら、
単純に、逆をやればいいわけです。

少ない損失をコツコツ積み上げては、
大きな利益をドカーンとやる。
結果として、トータルでプラス。

相場の神様から見れば、
利益も損失も、株価の動きという意味では、
平等なのだから、
不思議なことはないはずです。

絶対にできるんです。

でも、できないとしたら、その障壁は何なのか?

誰にでも平等なはずの相場の動きに、
その障壁が見つかるはずがなく、
だとしたら、トレーダーの側の動きにある、
と言えるのです。

トレーダーの動きというのは、
トレーダーの判断そのものですから、
その判断次第で、障壁は取り除かれる、
ということですね。

「損切り」はホントに小さくやりましょう。
少しでも早く「利確」したいと思うと同様に、
少しでも早く「損切り」する。

これで、「少ない損失をコツコツ積み上げる」は完成。

「利確」は、
ホントにどうしてまだ手放さないの?
というくらい引っ張る。
「損切り」に失敗して、塩漬けになるようなイメージで、
引っ張る。

これで、「大きな利益がドカーン」も完成。


なぜできないか??

いや、できます。必ずできます。

やろうとしてください。
まずはそこからです。

そして、少しでもいいので、
「少ない損失をコツコツ積み上げる」を、
実践してみてください。

「大きな利益がドカーン」は、
もう少し難しいかも知れませんが、
「大きな損失がドカーン」と同じくらいの頻度で、
チャンスは来るはずです。

ちょっとやそっとのリバウンドに負けず、
最低でも大引けまで引っ張りましょう。

(もちろん、損失に変わったときは、
 あきらめてコツコツ「損切り」です。
 これもまた、重要な判断です。)


以上が、メンタルの話。
ほとんどこれだけです。メンタルは。
ホントに。


↓ ↓ できればクリックお願いします。励みになります!!
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/86-ebb1a175
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック