FC2ブログ
損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
5/4 「損切り」復習(4)
「損切り」についての復習を続けていきます。

「損切り」という手法に関する大きな考え方、スタンスから、
少し具体的な「損切り」実現に向けた話です。

私なりの「損切り」実現の方法とか、
「損切り」を実現した時のイメージとか、
そういう話です。

「損切り」自体は、ありうべきトレード計画の重要部品です。
決して欠かすことのできない部品です。
この部品を、身体にピタリとくっつくまでに理解し、
そして習慣のように使いこなし、
目をつぶっていても機械的に操れるようにするのです。

それでこそのトレードです。

● 損切りの練習

● コツコツ、ドカーン

● 正しい「損切り」

身体に「損切り」を染み付かせるためには、
初期のうちに、それ相応の意図的な練習が必要だと、
それは今でも思います。

練習だと割り切っている中でも、きちんと「損切り」していれば、
それなりに利益が出てくる経験ができると思うからです。

それはやがて、利益確定の手法への考え方につながっていきます。

利益こそ先延ばし、損失は早切り。
トレードの利益は、そこから生まれてきますから。

相場が集団心理の集積であるがゆえに、
法則性を持つ部分と、アトランダムの部分と両方があって、
その只中で、相場の動きを利益にしていくには、
人間性を切り捨てて対応しないとダメだということです。

利益を追求するというのは、極めて人間的なことなんで、
そのための行動は非人間的になるってことです。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
/>人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/860-590b9a6a
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック