損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
5/5 「損切り」復習(5)
「損切り」について、さらに具体的に考えていきます。
とはいえ、決めた以上は絶対に実行しないといけないというのが、
「損切り」の基本だとすれば、考える部分は、
どんな「損切り」計画を立てるかということだけです。

どんな場合に、どんな「損切り」を考えるのがいいのか?

これも、基本はそれほど難しいことではありません。
考えるのはこの二つ。

●テクニカル
●資金状況

決して難しいことではありませんが、大切なことは、
これらは、仕掛けてから考えることではなく、
仕掛ける前に確認しておくことです。
つまりは、トレード計画の重要な要素であるということです。

リスクのないビジネスなどありません。
リスクのない戦いなどありません。
何かを得ようと思えば、何らかのリスクを伴うというのは、
すべてにおいて通用する摂理です。

そういう意味で、「損切り」についてあいまいな計画など、
トレード計画とは言いません。
仕掛けてしまってからでは、もはや選択肢は持てないのです。

それと、時間軸による「損切り」の考え方は、
当然に違ってきます。
見ているチャートが変わってくるのだから、
そのテクニカルが変わってくるのです。

● 損切り実現ためのエントリー

● デイ、スイングの損切りライン

● 捕まえた!

(私は、トレンドを取るトレーダーなので、
 スキャルピングについては、よくわかりません。
 スキャルピングでトレードしている方々の手法については、
 ほとんどわかりません。
 そこはご容赦くださいませ。)

ゴールデンウィークも、あと2日。
今夜は、ニューヨークダウも動いてきます。

ゆっくり(結構外出はしていますが)休んではいますが、
少しづつ頭を、日常モードに直していこうと思っています。

明日は、更に具体的な、特筆すべき「損切り」のポイント
について復習します。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
/>人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/861-e3c5e601
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック