FC2ブログ
損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
5/11 結局は「判断」
トレードは結局のところ「判断」です。
何はともあれ、判断しなければ始まりませんし、
その判断に基づいて行動(仕掛け)したら、
そこからは努力のしようもありません。

トレードの計画に当たっては、
昨日書いた4つの要素がありますが、
4つとも、手法に関する知識と現在の情報がなければ、
判断することはできません。

「今こそ仕掛ける時なのだ。ここで行かなきゃ!」
というときなのか、
「今は見る時なのだ。ここで動くと危ないぞ。」
というときなのか、その判断をする。
それが、トレードのすべてと言っても、間違いではありません。

そしてその判断の根拠とリスクを明確にできるかどうか。
そこが、トレーダーの価値を決めるのだと思います。

しかしながら、
危険なのが分かっているのに動いてしまおうとする心や、
行かなきゃいけないのに見てしまう心が、
人間にはあります。

つまり、知識や情報もあり、何が良くて何が悪いか、
十分わかっているのに、わかった通りに行動できなということ。

私は、それも含めて判断だと思っています。

「どうするのか?」
それを決めるのが判断です。

「何となく」では判断になりません。
判断には、必ず「なぜ?」が求められるのです。
そして、その答えは少なくとも最低限、
自分が納得していなくてはなりません。

自分すら納得していないのに行動してしまうというのは、
判断とは言わないし、トレードとも言いません。
ましてや、他人の言う通りの銘柄を買っていくなんていうのは、
「株をやっている」というのとは程遠いことだと思います。

トレードは「判断」です。

情報と根拠のある「判断」だと思います。

※ 休日に、抽象的で難しい話を・・・すいませんでした。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
/>人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/868-71456504
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック