損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
5/18 メンタルじゃない!(2)
考えてみると、メンタルというのは、例えばスポーツの世界とか、
ビジネスの世界、どんな世界でも何らか語られています。

それだけ、成功に関わる重要な要素だということがわかります。

確かに、種目は何であれ、プロスポーツの試合などを見ていると、
勝負を分ける重要な局面で、精神的な要因で失敗してしまうというような
場面をよく見ることがあります。

どんな素晴らしいテクニックを持っていたとしても、
メンタルがしっかりしていないと宝の持ち腐れになってしまう、
ということでしょう。

トレードでも、同じようなことは言えるかと思います。

どんなにテクニカルの勉強をしていても、
最終的にはそれが実行できないほどのメンタルの破たんがあれば、
元も子もないということです。

それゆえに、やはり、「メンタルは重要!」というのは、
間違いではないというわけです。

なんだか、昨日の話と少し矛盾してきてしまったように思います。

が、そうではなく、私が言いたいyのは、
テクニカルとメンタルが、それぞれ独立して存在するかのように
分けて考えるのはおかしいし、分けて訓練されるべきでもない、
ということなのです。

メンタルは、あくまでテクニカルの勉強と実践の中でしか
鍛えられないものです。

トレードの場合に問題になるメンタルは、
考えすぎるとか、緊張しすぎるとか、自分の力を発揮するべき行動が、
メンタルによって阻害されるという種類のものでもありません。

相場の解釈はどうにでもとりうるということ。
そして、そういう不確実性の状況の中では、
どんなルールも100%の成功はありえないがゆえに、
簡単にルールに反して自分のスタンスを都度変えてしまう、
ということ。

トレードにおけるメンタルの本質はそんなところです。

いけないのは、テクニカルに関しての優位性を持たないのに、
メンタルだけを鍛えること。
自分の利益が出ないの原因を、メンタルに求めてしまうことです。

どうしても、利益が出ない原因というのはわかりにくいがために、
簡単にメンタルに行ってしまうのです。

まずは、テクニカルの優位性を持つこと、
そして、それを実感するプログラムを持つこと。
それが、どんなメンタルトレーニングよりも有効なのです。

最後はメンタル・・・
そうかも知れませんが、
ホントに最後まで勉強したの?っていう疑問はないのか?
(極端な話になってしまって申し訳ありません。)

どーでもいい話かも知れませんが、
自分としては、ちょっと整理しておきたいと思いましたので、
昨日、今日と書いてしまいました。

明日はまた相場です。
ニューヨークダウは、金曜日、ちょっと一服という感じでした。
日経平均も、はっきりしない相場になるかも知れません。

これも、メンタルの話かもしれませんが、
いつも焦らず、無理せず、
1回1回の仕掛けにとらわれることなくトータルの視野を持ち続けましょう。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
ご無沙汰です。

14500円と14000円のBOX相場でトレードは難しいですね。

ただ75日移動平均線は下向きなんでBOXの中でも最近は売り建ての方が勝率が高く推移しています。

以前の貴殿の推奨売り銘柄と私の仕掛けようとしてた銘柄のチャートの形が似すぎてて少し苦笑してしまいました。

順張りのタツタ電<5809>と東レ<3402>
逆張りのジェイテクト<6473>とカカクコム<2371>
5/15にこの4銘柄を売り建てて少し残して大半を今日利確しました。

もちろん損切りの準備もしたいましたがうまく下がってくれました。

貴殿の記事はわかりやすく丁寧な言葉でいつも好感を持って読ませてもらってます。

応援していますので今後も頑張ってください。
2014/05/19(月) 16:04:16 | URL | 売り好きトレーダー #- [ 編集 ]
Re: タイトルなし
売り好きトレーダー様

またまたのコメントありがとうございます。

なるほど、上手くスイングやっていらっしゃいますね。
参考になります。

今の下降に乗れているのが素敵だと思います。

チャンスとしてのチャートの形は、そう難しくなく簡単です。
難しいのは、全体相場との兼ね合いですよね。

せっかくの形も、相場次第で崩れてしまいます。

個別の形と、日経の形が調和した時が最高です。

また、成功したらコメントくださいませ。


2014/05/19(月) 23:59:38 | URL | chinsuke #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/876-e622a7dd
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック