FC2ブログ
損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
5/19 やはり「持合い」
ニューヨークダウの影響でしょう。
寄りつきは、金曜日の高値以上になりました。

しかし、そこからは金曜日の高値とのギャップを埋めた後の持合い。
そして、後場に入ってからは「分足」で下降の波動になりました。

一瞬14,000円を割る場面もあるような展開。
結局は、金曜日のローソク足を上下に包むそこそこの陰線。
ローソク足の形としては「持合い」となりました。

なかなか上昇の気配は見えてきません。
上昇するかと思いきや、出鼻をくじかれるような売りにあってしまいますね。

持ち合うのか、それとも明日以降は14,000円を割ってしまうのか、
という場面になって来てしまいました。

ここから勢いよく売っていこうというのも、
ちょっと難しいかも知れませんね。
すでに、ここまで下げていますから。

でも、安値更新銘柄をうまく見つけて仕掛けていけば、
日経平均の14,000円の支えがなくなったときに、
大きな利益になるかも知れません。

相変わらず、判断するに難しい場面ですが、
これは以前より申し上げている通り、
ただ一つ、「買い」向かう相場ではないということは言えると思います。

ここは、手法の問題なので、人それぞれだとは思います。

私にしても、別に「先生」でもなんでもありませんし、
「専門家」でもありません。
そういう意味で、お教えしたり、評論したり、そういうつもりは
全くありません。
ただ、まあ自分の見解を無責任に書いている、ということでしかありません。

でも、今は日経平均の風は下向きに吹いているように思います。
なので、どんなに形の良い個別銘柄のチャートがあったとしても、
その日経平均の逆風の中を突き進んでいくようなイメージなのです。

もっとわかりやすく言うと、
流れるプールを、流れと逆に泳いでいる・・・、
そういうイメージですね。

日経平均を見るということは、その流れるプールを見ているということです。

以下に重要なことか理解できると思います。

個別は個別の力だけでは動きません。
日経の風、日経の流れが間違いなく影響しています。

本当は関係ないのかもしれませんが、
人間の作る相場ですから、そうなってしまうのです。

いましばらく、引き続き、日経をよく見ていきたいと思います。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/877-b8147966
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック