FC2ブログ
損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
5/19 何を待っているのか?
日経平均は今日も持合いでした。
下げて上げて元に戻る。「分足」チャートは、そういう軌跡を描きました。

「日足」チャートは、昨日のローソク足の中。可もなく不可もなく、
とらえどころのない「持合い」。

ニューヨークも、さして動いてはいませんから、
日経もこれでいいのかもしれません。

でも、日経は何を待っているのでしょうか?

昨年末からの日経平均のチャートをよく見ていくと、
高値切り下げ、安値水平の三角形が見えてきます。

これは、「日足」だけではなく、「週足」でも「月足」でも、大きさこそ違え
、同じような三角形が見えてきます。

安値水平のラインは、14,000円のラインです。

4月には若干のライン割れがありましたが、
これを無視すれば、きれいに14,000円がパーティションです。

これから続く、この三角形の延長線上に、何が見えるか?

私に一番強く見えているのが、14,000円割れです。

ローソク足の形だけでなく、移動平均線の形、ボリンジャーバンドの形、
いろいろ見ていっても、見えてくるのはこれです。

日経平均の14,000円割れ。
ここを、ひとつの焦点と考えて、私は相場を見ていこうと思います。

今は、だたの予想、予測にすぎませんので、
仕掛けることはしません。

でも、いざ、14,000円割れが起きたら個別銘柄はどうなるか?
そこを見定めるようなチャート選択をしていきます。

これは、トレードの節目の中でも、相当大きな節目だと感じます。
より大きな形を視野に入れた中での節目となります。
だからこそ、大きなチャンスにつながります。

ダマシに合うのかなあ・・・
仕掛けた後の急騰で、上に持ってかれちゃうのかなあ・・・
あるいは、明日来るのかなあ・・・、来週になるかなあ・・・

いろいろな予測の中で不安や期待が出てくるでしょうし、
うまくいくかどうかは、どのときの相場次第です。

「しばらくしたら来る」可能性があるのなら、
「今すぐに来る」可能性もあるということなんです。
ならば準備はしておきたいと思います。

「損切り」という手駒を持っていれば、
たとえ何があっても、それを「1回のトレード」の範囲内に収める
自信は持っているはずです。

要は、どんなチャンスであっても、
それは1回のトレードに過ぎない。
1回1回のトレードの積み重ねに過ぎないのです。

トレードの場合は、「ここがチャンス」と思った時が、
「最大のピンチ」になっていることがよくあります。

それをしっかり把握するのも、メンタルなんかではなくテクニカルです。

なんか、ちょっと意味不明になって来ている気がするので、
今日は、この辺でやめときます。

でも、日経平均は14,000割れを待っている。
私には、そう見えます。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



コメント
コメント
タツタ電おもいっきり反発しましたね。

危なかったです。

あくまでも結果論ですが…

買いも売りも基本は

仕掛けは移動平均線タッチ、リカクはボリジャー±2、損切りは損益率10%

いかにルールを堅持していくか。

簡単なようでも本当に 難しいですね。
2014/05/21(水) 14:47:16 | URL | 売り好きトレーダー #- [ 編集 ]
Re: タイトルなし
売り好きトレーダー様

お世話様です。
コメントありがとうございます。

タツタ電線、来ましたね。
この銘柄は、どうも、こういうことが起こる銘柄・・・
なんですかね。

私の記憶でも、よくわからん動きがあります。

だからこそ面白いともいえるんですが。

でも、こういう動きをされてしまうと、
手を出しにくくなります。

正直、見てなかったです。きちんとは。

少なくとも、私の中にはこういう動きに対処する
明確な方法はありません。

予想はいくらでも立ちますが・・・。





2014/05/22(木) 05:11:08 | URL | chinsuke #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/878-040f9769
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック