FC2ブログ
損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
5/25 コンスタントか取れる時か?
トレードで利益を得ようとするとき、
コンスタントにコツコツ利益を上げていくのか、
たまにドカーンと大きな利益を上げるのがいいのか、
どっちがいいのでしょうか?

時間軸が長ければ、
それだけ利益が大きくなる可能性が高まりますので、
この問いは、時間軸に対する問いでもあるでしょう。

短期でやるのか、長期でやるのか?

出すべき答えは簡単です。

どちらでもいい。
好きな方でやるべきだし、両方やるのももちろん良し。

仮にデイトレだけで、コツコツとスキャルピングを繰り返して、
それで十分な利益が出るなら、それだけでいいと思います。

当然です。うまくいっているなら、それを変える必要なんかありません。
実際に、スキャルピングだけでトレードしている人も、
たくさんいると思います。

一方、スイングでしっかりとトレンドを取って利益にしていくやり方が
得意ならば、それを繰り返していけばいいのです。
それだけのことです。

ただ、時間軸が長くなれば、それだけ相場の助けも必要になります。
相場を味方につけないと、トレンドは取れませんし、
相場の方向によって、個別のトレンドは捻じ曲げられたりしますから。

コツコツ・スキャルピングにとっては、
日経平均がどうのこうのというよりも、個別銘柄のクセでしょう。

スキャルピングとまで言わずとも、
デイトレに適した個別銘柄を仕掛けていこうとするならば、
全体相場が助けてくれるというより、特定の個別銘柄をよく知っている、
ということの方が重要かもしれません。

逆にいうなら、自分の得意にあった個別銘柄を日々発掘していくことが
至上命令になります。
これならいつでも行ける、という銘柄がないと、商売になりません。

ということで、当たり前ですが、どちらも一長一短、
できれば、どちらの手法でもできるようにしておくのがいいです。

たとえば、今は日経平均が、非常にわかりにくい局面に来ています。
だから、スイングの目線よりも、デイの目線でいたほうが、
トレードがやりやすいと思うのです。

両方できれば、臨機応変に対応が可能です。
チャンスがあるなら持ち越すし、ないなら持ち越さない、というように。

とりあえずは、デイの視線で仕掛けておいて・・・
とはいっても、デイの仕掛けも基本は「日足」ですから、
スイングと、そうは大きく変わらないはずなので、
大引けに向けて、仕切りどころに来ないならば、様子によっては、
スイングに切り替えて持越しをするのも、ありなんです。
(あくまで、攻めの姿勢の持越しです。
 「損切り」先延ばしのための持越しは、当然に厳禁です。)

明日からは、そういうイメージで見ておこうか。

そう思っています。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/883-3cc4e05c
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック