損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
6/24 利益確定のタイミングです
ニューヨークダウの一服に応じて日経平均も一服です。
日経平均の「日足」を見る限り、今日の安値は、
ボリンジャーバンドの+1σ。
そして場中の反発から、5日移動平均線を追い抜いて引けています。

ただ、MACDは少し凹んできたので、
やはり下降傾向になって来ているということではありますね。

個別銘柄にあっては、今日「買い」の利益確定になった銘柄も
多かったのではないでしょうか?

利益確定も、損切りも、大きな「仕切り」の考え方としては一緒です。

「損切り」の場合は、なるべく早く、
利益確定はできるだけ引っ張る、という大きな違いがあります。
ただ、それもケースバイケースです。
本来ならば、その都度最適な仕切り方を選択できればいいのですが。

「買い」保持の場合の、利益確定、損切りのタイミングは、
そのタイミングが早く訪れる順に書くと、以下のようになります。
(「売り」保持なら、この逆です。)

0 仕掛けの値割れ。(仕掛けのライン割れ)
1 前日の安値割れ。
2 MACD凹みの翌日寄り。
3 前日安値・前々日終値の安い方割れ。
4 全3日間の安値割れ
5 ボリンジャーバンドの+2σ抜け、もしくはその翌日寄り。

もちろん、これがすべてではなく、あくまで一般論です。
(例えば、75日線を抜けたら「買い」、割ったら「売り」・・・
 というのは、基本中の基本ですが、ここに入れていません。)

私の場合は、最初は、0か1かで考えておいて、
少し保持が続いたら、3や4にしていくという方法で、
利益を伸ばしていこうとします。
その過程で5の状況になれば、それはそれで利確します。

という意味では、今日の日経は、1,2,3に引っかかってきますので、
仮に6月18日の日経平均トレンド転換を機に、
何等かの銘柄を「買い」保持していれば、
今日、利益確定のポイントになっている公算が大きい、ということです。

実は・・・
今朝、このブログへのコメントで、こんな状況にある方から、
お話をいただきまして、上のようなことを考えるに至りました。

銘柄によって、もちろん状況は個々違うと思います。
しかし、基本となる考え方は同じです。
上のような状況を踏まえたトレードであれば、
それはナイストレードそのものです。

そういうキャリアを積み上げていくことが、トレーダーとしての成長に
つながると思っています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

連日のおススメです。

株式投資羅針盤アカデミー

証券会社のプロと呼ばれる方が、どういうトレードをしてきたのか、
様々な投資家と付き合ってきた人が、今、どういう考え方で
相場に向かっているのか。
ありとあらゆる情報に触れてきた業界の先生が、何を語るか。

とても興味深い、考えるところの大きな動画です。

これから、相場に関わり続けようという方にとっては、
こんな手軽なチャンスはないように思いますが・・・

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
/>人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
私のためにわざわざ有難うございます
管理人様

こんばんは。お疲れさまです。

管理人様が私のためにこの日のブログをわざわざ書いて頂いているとはつゆ知らず、昨日は体調がすぐれず、夕刻6時には寝てしまいました。

大変失礼しました。

ブログ内容で一点だけ確認させて頂きたいのですが、よろしいでしょうか。

「買い」保持の場合の利益確定、または損切りのタイミングとして、「1 前日の安値割れ」という点を上げて頂いています。

これは前日のローソク足をリーチ足として、その高値越えで買ったような場合の損切のタイミング、という意味に解釈してよろしいでしょうか。

いつも質問ばかりで申し訳ございませんが、どうぞよろしくお願いいたします。

yocchan



2014/06/25(水) 20:37:03 | URL | yocchan #GR4fR/S2 [ 編集 ]
Re: 私のためにわざわざ有難うございます
yocchan 様

お世話様です。

体調はいかがでしょうか?
何をするにも、基本は身体です。
こればかりは、どうしようもないとも言えますが、
体調によって、状況が大きく変化するのは事実。

くれぐれも、お体にはお気を付け下さいませ。

「前日の安値割れ」というのは、非常に便利な条件です。

私は、スイングの場合は、まずこの損切り条件を念頭に描きます。
そして、当面は、この条件で保持していくことが多いです。

ただし、スイングだと、
最初から仕掛けた日には仕切らないと決めておくこともあります。
そう決めた以上は、本当に仕切りません。

仕掛けた当日には仕切らないルールが発動されているときは、
仕切りませんが、そうでないなら・・・
リーチ足が前日の足なら、
その安値(リーチ足の安値)を割ったら損切りです。

それで損切りにならなければ、
翌日は、仕掛けた日の足が前日の足になるので、
その安値を損切りラインにして、追いかけていきます。

そして、ある程度利益が含まれてきたところから、
波乗り、あるいは、全3日間の安値、という順に、
損切りラインを変えていきます。

そんな感じです。

ご理解いただけますでしょうか?
(ご質問内容に応えられているでしょうか?)

以上です。



2014/06/26(木) 17:13:00 | URL | chinsuke #- [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/06/26(木) 20:44:00 | | # [ 編集 ]
Re: 「前日の安値割れ」
yocchan 様

お世話になります。

ご体調良くなったとのこと、
ほっとしました。

蛇足かも知れませんが、
「前日安値割れ」の戦術で行くとき、
しばらくは、リーチ足(仕掛けの基準になった足)の安値に、
損切りラインを置いて、追いかけることもよくあります。

つまり、仕掛けて2日目に、
仕掛け初日の足の安値に損切りラインを引き上げるのでなく、
そのままリーチ足の安値においておいて見守る、ということです。

そのときの損切り幅がどうなのか、ということにもよりますが、
余裕があるなら、そうしたほうが、損切りは先に伸びます。

仕掛け2日目から、ラインを引き上げると、
すぐに損切りにあってしまう可能性も高くなります。
(それはそれで、堅実性は高いです。)

ちょっと、混乱するかもしれませんが、
これは、自分の状況との相談もあって、
本当にケースバイケースかと思います。

ただし、くれぐれも、
一度引き上げた損切りラインを、再び引き下げる、
ということはしないほうがいいです。

仕掛け2日目の損切りラインを、
いったんは、初日の足の安値と決めたのに、
現実に初日の足の安値に達しそうになったら、
「やっぱり損切りは、リーチ足の安値にしよう!」
と変えてはいけないということです。

そこが守られれば、大丈夫だと思います。

では、よい週末をお迎えくださいませ。




2014/06/27(金) 16:24:18 | URL | chinsuke #- [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/06/28(土) 08:33:33 | | # [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/914-e50b00c9
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック