損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
7/6 直近の仕掛けで2銘柄
昨日は、ソフトバンクを挙げさせていただきましたが、
いますぐの仕掛けの形ではなく、少し先を見据えた中での話。

もう少し直近の仕掛けについては、ちょっと以下をご参考。

日本曹達(4041)。
やっと、75日移動平均線が少し上に向いてきました。
そして、何よりの魅力は、555円に強力なパーティションがあること。

このパーティションには、この10日間で4回。
すべて554円で跳ね返されています。

今年の2月以降の長きにわたる下降相場の中、
日経平均にはだいぶ遅れてここまで来ました。
75日線から、下にある25日線までの往復もあり、
いよいよ、75日線の上向きの場面に入ってきたいのです。

555円以上になれば、チャートの波動局面も、「持合い」から「上昇」
に変わってきます。
ボリンジャーバンドの+2σも、今は75日線と比較的近いところ
にありますが、っこれも、上に広がる様相が出ています。

さらに、日足の一目均衡表を見ると、ちょうど554円が雲の上辺。
ここを抜けると、一気にに重しが取れたような状態になる可能性があります。

以上のような状況の中、
555円で「買い」仕掛けた場合、急上昇になる可能性があります。

超要注目銘柄です。

そして、もう一つ。
塩野義製薬(4507)。

こちらは、比較的オーソドックスなトレンド転換です。
このまま株価が下がれば、25日線も下向きになり、
チャンスは遠のきますが、明日以降、月曜高値を抜けていければ、
トレンド転換が実現します。

ボリンジャーバンドが狭くなってきている「持合い」の形に、
今はなってしまっていますが、
そこは、今後の改善形だと考えてしまいましょう。

ただ、この銘柄、
先週以来、2,070円あたりに安値のパーティションがあるように
見受けられます。
先週~今週の形が、安値水平・高値切り下げの持合い形なのです。

ということは、個の安値のパーティションが破られると、
下に大きく下げてしまう恐れもあるわけです。
そこを考慮し、損切りラインは、その安値に置くことが必須ですね。

なかなか完全な仕掛け系がない中、
やってはいけないのは「妥協」です。

「何もないから、これでもいいいや」というのは、くれぐれも×。
上の二つは、私としては妥協の産物ではなく、
何とか探し出したという実感があります。

仕掛けのポイントははっきりしていますし、
それなりのリスクはあっても、仕掛けはやりやすいと思います。

本当に仕掛けるかどうかは、当日の様子だけ、当日の条件だけです。

明日からも、頑張っていきましょう!!


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
/>人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/927-c768803e
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック