損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
7/9 いよいよ秒読みです
ニューヨークダウの大幅下落に伴って、
日経平均の寄付きも25日移動平均線より下からになりました。

しかし、やはり下落はそこまででした。
寄付きから日記絵平均は一気に上昇。
見事に25日線からの反発が達成されました。

今日のこの25日線からの反発は、個別銘柄にとっては、
良い「買い」仕掛けの機会になったことでしょう。

また、明日以降、日経平均が今日の高値を抜いていくところが、
また「買い」仕掛けのチャンスになります。
そこが、上昇相場の下げ局面から上げ局面への転換点です。
いい銘柄があれば、どんどん仕掛けましょう。

移動平均線の仕掛け、高値更新の仕掛け、トレンドラインの仕掛け、
どんな仕掛けでも上昇の「買い」仕掛けならいいと思います。
個別銘柄は、これまでの日経の上下動、持合いの中で、
実に様々な形になってしまっています。

日経と同じ形を狙うというより、
より利益幅の狙えるようなチャート形の方がいいかもしれません。
どうも、25日線周辺でのトレンド転換を狙っていた銘柄は、
25日線より下落してしまって、対象外になっている例が多いようです。
それなら、むしろ、75日線周辺からグランビルの1回目の上昇に入る
銘柄を仕掛けていった方が、利益が取れそうです。

ただ、ここからの「買い」仕掛けは、ちょっといつもより短期で行きましょう。
思い通りの上昇が来たら、すぐに利益確定するというような臨機応変さも
必要かもしれません。

日経平均は、すでに、75日線の上での上昇波動を3回以上描いています。
ボリンジャーバンドも、狭くなって来ていています。
高値圏での持合い色が濃い形になっていると判断します。

先週と同じように、高値更新が下落のスタートポイントになることもあります。

無理をしないで、早めの利確を心掛けておいた方がいいと思います。

また、先の話かもしれませんが、
日経平均が高値更新できずに、再び下げの局面に入ってしまうようなら、
場合によっては、25日線あたりからの下落を狙う仕掛けも
考えられるかもしれません。

ちょっと、25日線が横ばいに近くなって来ているので、
ちょっとそのあたり意識できるように感じます。

上でちょっと書いたように、個別銘柄を見ると、
25日線付近で上昇できずに持ち合って、下げに転じているのが
多いような気がするのです。

日経平均が、そういう展開になるのも十分にありと思うわけです。

まあ、そういう中期展望もかんがみて、
繰り返しになりますが、「買い」の仕切りは、早めに行きましょう。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
/>人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/07/10(木) 21:03:37 | | # [ 編集 ]
Re: 再度、仕掛けた日のロスカットについて
Yocchan 様

お世話様です。
また、本当にお疲れさまです。

いつもコメントありがとうございます。

「臨機応変」にやってしまえば、それはそれで簡単です。
が、今度はいつも「臨機応変」になってしまうと思います。
どういうときに「臨機応変」にするのかのルールがないからです。

このチャートも「買い」で悪くないですね。
仕掛けも悪くないです。

ただ、欲を言うと、ちょっと日足全体に、
ヒゲが多いなという感想もあります。
ヒゲが多いということは、
毎日毎日迷いも多いということです。
出来高は十分にある銘柄ですから、
それでも、まあきれいな方だとは思いますが。

それはさておき、
損切りラインですが、
私が仕掛けたなら、
7月3日の最安値に置いておきます。

前日安値が基本であっても、
すぐ近くに最安値がある以上、
より意識されるのはそちらだと思います。

ただ、上に書いたように、ヒゲの多い特性がありますから、
一瞬のダマシは覚悟するしかありません。

明日、一瞬であってもそこを割ったら損切りです。
こればかりは仕方ありません。
非常に悔しいとは思いますが、仕方ないのです。

あくまで、明日の様子次第ですが、
あまりギャップが大きく寄りつくようなら、
例外的な措置として、少し様子を見ると言うのもあります。
もちろんその場合は、さらに下に行ってしまうのは覚悟の上です。

(覚悟はしても、実際になってしまうと悔む・・・
 という、本当には覚悟していない覚悟になることも
 多いと思いますが・・・)

すでにボリンジャーバンドの-2σを割り込んで、
さらに下、となると、十中八九は戻してきます。
で、戻したところで損切りです。
(ここで、欲張って、さらに持ち続けてはダメです。
 それは、損切りルールに反していることになります。)

例外措置とはいえ、割ったからには必ずどこかで切るのです。

でないと、いつも例外にしてしまうことになります。

トレードは、一進一退です。
それがトレードです。
いつも前進ということはあり得ないし、
だから、下手するといつも精神が不安定気味にもなってくるものです。

でも、そこはあきらめるしかないのです。
不安定なものなんです。
不安定でないとトレードじゃないのです。

そう考えて慣れていくしかありません。

私も同じです。
少しづつ、やっていくことです。


2014/07/10(木) 21:35:12 | URL | chinsuke #- [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/07/11(金) 08:10:52 | | # [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/930-ed336000
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック