損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
7/13 元気ない銘柄
すでに旬ではないかもしれませんが、
アベノミクスや東京五輪のことで日経平均が、
大きな上昇相場に入るのではという観測が流れて、
もうずいぶんの日数が経っています。

そして、今のところ、日経平均はまだ上昇相場を続けています。

しかしながら、この間、
すっかり株価を下げてしまっている銘柄もあります。

DENA(2432)、グリー(3632)のデイトレ銘柄です。

今でも変わらず、しょっちゅうトレードしてはいますが、
私には、いささかの困惑もあります。

もともと、日経平均に連動して動くような銘柄では
ありませんでしたが、それにしても、
すっかり下げてきてしまって、なかなか上昇に転じません。

実は、この両銘柄の週足や月足のチャートを見ると、
2011年から高値からの下降を開始し、
2012年から、長期的な下降相場に入ってしまっていることが
わかります。
そして、今もその下降相場の只中にいる状態です。

「日足」で見ると、本当に見事なほどの下降の波動です。

グリーの方は、先月に一度、
75日移動平均線まで戻って来ました。
が、そこは、恰好の「売り」ポイントでした。
ぞくぞくするほどの「売り」のチャンスで、
ひょっとしたらそのまま上に持って行かれるかもとの強烈な恐れを
感じつつ、とりあえず「売り」入って、
今も「保持」している人がいるかもしれませんね。
私は、少し前に手放してしまいましたが・・・。

DENAに至っては、戻ってもせいぜい25日線という状況。
どうしても、15,00円は抜けられませんでした。

そして、どちらも、
今後ますますの下げの可能性にさらされています。
今後の流れの中で、どちらも、5月の安値を割ってしまうと、
当面底なしの下落すら見えてきてしまいます。

グリーは800円割れ、DENAは1200円割れ、
なんていう事態になると、大きな投げだって出てくるんじゃ
ないでしょうか?

私にはチャートがあるので、
チャンスをきちんとつかむことができます。
どうなると下落の時が近いのかがおおよそわかります。

チャンスを逃さないためには、
今現在、特に注目されることの多い銘柄というだけでなく、
その他の銘柄にもよく目を配っておくことが大事です。

そして、きちんと、その銘柄なりのシナリオを描いておくことです。

元気のある銘柄はチャンスです。
しかし、元気のない銘柄にも、それなりにチャンスはあります。

いろいろなチャートを見ておきましょう。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
/>人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/934-5a2e8938
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック