損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
7/23 焦点は「いつなのか?」
日経平均に関していえば、
まあ、大して見るべきもののない持合いでした。

今日のローソク足の値の幅は昨日のローソク足の範囲の中。
ローソク足の形として「持合い」です。

波動が持合いになると、ボリンジャーバンドは狭くなります。
ずっと持ち合えば、どんどん狭くなります。
しかし、いずれは、究極の時を迎えて、上か下かに爆発します。

今のボリンジャーバンドの狭まり具合は、
ここ最近の日経平均では見られないくらいに狭まっています。
それだけ、持合い傾向が強いということです。

正直言って、本当にそうなっていくなtら、
もう、個別銘柄に頼るしかないですね。

頼るもなにも、もともと、仕掛けるのは個別銘柄ですから、
そんなの当たり前のことなんですけど。

で、ポイントは、「いつ動くのか?」ということでしょう。

そこに、予告はありませんが、
チャートを真剣に毎日見ていれば、大体はわかってきます。

緩やかな三角持合いですから、もう少し時間がかかりましょう。

後は一目均衡表。
日足の一目を見てみると、しだいに、下から雲がせりあがって来ています。
今はまだ、はるか下に雲がありますが、
あと15営業日くらいで、今の株価の水準に雲の上辺が到達します。

ということは、そのあたりなんでしょう。
それなりの結論が出るのは。

もちろん、それを100%信じるとかいうのではなく、
そういうチャートから出てくる仮説を頭に描きながら、
相場を見ていく参考指標とする、ということです。

実際の仕掛けにあたっては、予測では仕掛けられません。

ですが、予測を描くことで、
株価の意味がその都度わかってくると思います。

突然の動きがあっても焦らず、大きな視点で構えておきましょう。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
/>人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/944-ab2024ff
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック