損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
7/29 恐れなくていい
日経平均は、更なる高値更新ときました。
ニューヨークダウが、下ヒゲの長い小陽線、
「下降」のローソク足で終わったのとは、違う動きになりました。

上向きに広がりつつあるボリンジャーバンドに支えられた感じですね。
通常だと、ボリンジャーバンドの+2σを抜けたら、
反落警戒ゾーンとなるのですが、
この展開は、ボリンジャーバンドが究極まで狭くなってからの上昇です。

+2σラインと一緒に上昇していくパターンに入っていると考えていいでしょう。

もちろん、どんな場合にでも急落はあり得ます。
持合いもあり得ます。
どんな展開も、可能性がないことはありません。

明日以降、焦点になってくるのは、
昨日も書いた、本年1月の急落時に空いたギャップだと思います。
15,700円あたりまでのギャップ。

今は、そこを目指している過程じゃないかと推察しています。

だから、そのあたりでの揉み合いはあり得ますし、
逆に一気に抜けていくことも、
跳ね返されていったん下落するのも考えられると思います。

しかし、特別な悪いニュースでもない限り、
それらを吹き飛ばすほどの急落は考えにくいです。
下には、昨日抜けてきた15,500円の支持線があります。
下げてもまずはここまで?と、まずは考えられます。

だから、損切りラインに余裕を持った、少し長いスパンでの
仕掛けを考えてもいいのではないか、と考えるわけです。

今すぐ、というわけではないですが、
長く低迷しているサンリオ(8136)やDENA(2432)が、
ちょっと動いてきています。

実は、もう少しで、格好の「売り」ポイントに到達するんですが、
そのあと・・・
絶好の「売り」のあと、再び上昇してくるとしたら、
ものすごいチャンスになるんじゃないかなどという、
そんなシナリオも、今なら描けると思います。

会社の業績など、何も見ずに書いているので、
とてもとても、まともな相場師からは馬鹿にされてしまうかもしれません。

でも、ありですよね??

上昇相場を前提にするなら、当然ありですよ。

本当に来るかどうかは、また別の話。
来なければ来ないで、やらなきゃいいだけの話なんです。

恐れていても始まりません。

客観的に見ていけば、いろいろなシナリオが見えてきます。
それがチャートの面白さです。

相場をやるからには、そういう面白さを享受することはあっても、
先行きを恐れるなんて・・・
だったら、本当に最初からやらなければいいのです。

スイングの個別銘柄は、そうやって先を見ながら楽しく探すのが
相場の筋というものですね。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
/>人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/07/30(水) 05:54:36 | | # [ 編集 ]
Re: タイトルなし
そうですか!!
しっかり見ておきましょう!!

2014/07/30(水) 17:34:02 | URL | chinsuke #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/950-934e102f
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック