損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
9/7 トレードの意義?
日曜日の夜と言うのは、世間の人々にとって、
あまり歓迎するタイミングではないようで、
昔は”サザエさんブルー”などと言って、
夜になると、翌日からの会社や学校のことを思って、
暗い気分になるというようなことが表現されました。

時間が自由になるトレーダーにとっては、
逆に、土曜・日曜が、結構退屈だったりして、
早く月曜の朝になって欲しいと思ったりもします。

普通に仕事をしていると、どうしても人間関係に気を割いたり、
嫌なことでも従わざるを得ないことも多かったりで、
なかなかにハードな精神状態だったりしますよね。

特に、人間関係というのは、とても大事な社会の要素だけに、
かえって、重荷になることもあります。

トレードには、そういう要素がないので、
とても気楽な商売?に見えるかもしれません。

でも、人間関係がないということは、
実に恐ろしいことで、ともすると、
自分が社会の一員であることを忘れてしまいます。

税金さえ払っていれば、社会の一員として、
立派に務めを果たしているのだ。
・・・というのも、ある面、間違ってはいないのですが、
とても危険な考え方だとも思います。

もちろん、税金は社会の成り立ちには必要不可欠で、
社会人である以上、払わなくてはなりません。

で、難しいのはここからで、
じゃあ、それだけでいいのかということになります。
税金は社会貢献ではありません。
貢献などではなく、受けている公共サービスに対する
対価です。

自分だけではできない、警察力や道路建設力、
ごみ処理力・・・・・・・などなど、様々なサービス商品を、
購入しているということです。

なので、「払ってればいのか?」というのは、
「買うだけでいいのか?」という問いかけになってきます。

私は、そうは思いません。
人は、人と人との間にあって、何かを生み出さなくては
人間とは言えないのではないか、と思うのです。

トレーダーが偉そうに・・・ということなんですが、
ホントにそう思うのです。

でも、じゃあ、トレーダは何を生み出しているのか?
何を生み出すべきなのか?

もっと言うなら、「いなくたっていいんじゃないのか?」。

最近、土曜、日曜になると、
そんなことを考えていて、なかなか答えが見つかりません。
何となく、答えになりそうなイメージはあるのですが、
はっきりと答えがありません。

別に“ブルー”になっているわけじゃありませんが、
いつかは解決しないといけないな、
と日に日に感じているところです。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
/>
スポンサーサイト
コメント
コメント
人間社会の基盤は全て経済活動で成り立ってます。資金が円滑に流動することで私たちは仕事も衣食住に必要なものも手に入れてます。
景気が良いとは資金が活発に流れているときであり、不景気とは資金が動脈硬化を起こしているときです。
資金という血液の流れが活発になればなるほど多くの人たちに雇用の機会が増え、そこに生活を営む家族という世界、そしてそれぞれの「生きがい」が生まれます。
私たち投資家は専業であれ兼業であれ資金の動脈硬化を防ぐ為に必要不可欠な存在です。
私たちはたまねぎです。
数多くある体に良い野菜のひとつに過ぎませんしソレがないと困るようなものではありませんけど、経済の血液を詰まらせることなく円滑に流す為の効能を持った野菜のひとつです。
タマネギは自分が役に立ってない、なんて悩んだりしませんよ。
ただ自身の貢献度をダイレクトに感じることが出来ない、それだけです。

唯一この世でマッタク役に立っていない存在は
ひきこもりでもホームレスでもサンデーブルーな方でもなく、
余裕資金が潤沢にある方々で、
今やほとんど社会貢献度が低くなってしまった銀行に預けたまま、
ただ預金通帳の数字を見て安心するだけの人々です。
まさに動脈硬化を起こす悪玉コレステロールですね。
2014/09/08(月) 20:47:56 | URL | よこみっち #q700qNps [ 編集 ]
Re: タイトルなし
よこみっち 様

コメントありがとうございます。

真剣に送っていただき、とてもうれしいです。

「ダイレクトに感じることができない」

・・・確かに、それだけなんですよね。

そして、じゃあ、ダイレクトに感じることができるって、
どんな仕事??
と言われると、それはそれで、答えに窮したりもします。

でも、そこは、要は、自分の気の持ちようで、
感じる人は感じるし、感じない人は感じない、
そういうことだと思います。

あまり深く考えることでもないし、
問題にするようなことでもないのかな、と。

もう少し考えてはみます。

また、コメントくださいませ。
2014/09/10(水) 01:44:07 | URL | chinsuke #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/988-c62e2e29
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック