損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
7/6 戻りをどう考える
日経平均は、少し戻してきました。

ようやっと、ぼボリンジャーバンドの-2σの中に戻り、
MACDのヒストグラムも、上に大きく凹みました。

買えたでしょうか?

この数日の日経平均の動きを、つぶさに見てきた人は、
買えなかったのではないでしょうか?

でも、日経平均のチャート、個別銘柄のチャートを
しっかり見ていれば、
今日は買いだったと思います。

私があげたヤマト(9064)は、
ギャップを空けた寄付きだったので、
今日は買わなくてもいいと思います。
そして、来週以降、このまま上がるようだったら、
もうチャンスは過ぎてしまったということ。

シナリオなんてそんなもんです。

そしてまた、月曜日に下げるなら、
今日持ち越した買い玉は、ただの損切りです。

でも、それでいいんです。

そういう当たり前のルールを守るトレードを続けていくことで、
いつしかコンスタントな利益を手にしていくのが
トレードのキャリアだと思うのです。

深く考える。
でも、あまりに深くは考えない。

その辺の勘所。

これは、経験を信じるしかありません。

賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
7/5 これでもかの下げ
これでもか、と言わんばかりの下げとなりました。
昨日の持ち合いで、少し息をついてほっとした感も、
今日は打ち砕かれてしまいました。

相場は常にどうなるかわかりません。
どんなもっともらしいシナリオも、
現実の前には実にはかないものです。

今日もやっぱり、ボリンジャーバンドの-2σを割って終わり。
今日こそは戻るだろう・・・
と思った人も多いんじゃないでしょうか?
普通に考えれば、そうなるはずです。
なにせ-2σを割ってる確率というのは、
2.5%と言われているわけですから。

-2σを割ったら逆張りの買い!
と思う人も多いわけです。

しかし、そんなことは現実には関係ないわけです。

むしろ現実には逆で、
そこまで下げたんだから、さらに下がるんだ・・・
と言うことのほうが多いような気がします。

トレードの場合は、
今ある傾向が続くと考えたほうがいい・・・
ブレイクはその方向に従ったほうがいい・・・
と言うのが正しいと思います。

傾向が変わったというなら、
その傾向が変わった瞬間を捕えたいものです。
変わってもいないのに、予測で仕掛けるのは、
どう考えても×ですね。

大事なのは現実であって、
行動の根拠は必ず現実でなければならない、
と言うことだと思います。

必ずしも、人生全般に当てはまることではないので、
トレードは、その分難しいのだと思います。

さて、昨日あげた銘柄・・・、
パソナ(2168)は、いったん大きく逆に行きました。
買いのチャンスは少し遠のきました。
ただ、決定的ではありませんので、今少し見ていきます。

一方の、ヤマト(9064)は、
買いチャンスが極めて近づいてきました。
上向き75日移動平均線にそろそろ到達です。
一両日中にチャンスが来ないとも限りません。

少し面白くなってきましたね。

賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
7/5 これでもかの下げ
これでもか、と言わんばかりの下げとなりました。
昨日の持ち合いで、少し息をついてほっとした感も、
今日は打ち砕かれてしまいました。

相場は常にどうなるかわかりません。
どんなもっともらしいシナリオも、
現実の前には実にはかないものです。

今日もやっぱり、ボリンジャーバンドの-2σを割って終わり。
今日こそは戻るだろう・・・
と思った人も多いんじゃないでしょうか?
普通に考えれば、そうなるはずです。
なにせ-2σを割ってる確率というのは、
2.5%と言われているわけですから。

-2σを割ったら逆張りの買い!
と思う人も多いわけです。

しかし、そんなことは現実には関係ないわけです。

むしろ現実には逆で、
そこまで下げたんだから、さらに下がるんだ・・・
と言うことのほうが多いような気がします。

トレードの場合は、
今ある傾向が続くと考えたほうがいい・・・
ブレイクはその方向に従ったほうがいい・・・
と言うのが正しいと思います。

傾向が変わったというなら、
その傾向が変わった瞬間を捕えたいものです。
変わってもいないのに、予測で仕掛けるのは、
どう考えても×ですね。

大事なのは現実であって、
行動の根拠は必ず現実でなければならない、
と言うことだと思います。

必ずしも、人生全般に当てはまることではないので、
トレードは、その分難しいのだと思います。


賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
7/4 それでもボリンジャー外
今日の日経平均は持ち合いでした。
しかし、それでもまだボリンジャーバンド-2σラインの下。
-2σラインが抵抗線になっているようですね。

しかしながら、MACDのヒスグラムは上に凹みました。
これはダマシかもしれませんが、
いったんは上昇のトレンドになりかけていることを
示しています。

とまあ、状況をいくら説明しても、
それはチャートを見ればわかること。

問題は、じゃあどうするか・・・です。

ところが、個別の銘柄を見てみると、案外まちまちです。
いろいろな形が出てきています。

完全な下降相場を突っ走っているものから、
上昇相場の銘柄まで、本当に百花繚乱です。

そんな中で、今日は、日経平均とは関係なく、
しばらく見ておいてほしい銘柄を二つ。

パソナ(2168)、ヤマト(9064)。

それぞれ全く違う形です。
でも、勉強のためにと思って見ておいてください。
どちらも、買いで見ておく銘柄です。
理由はここでは書きません。

それぞれ、ある買いのポイントがあります。

パソナはまだまだ日柄が必要でしょうか。
ヤマトは、一両日中にもありうるかな・・・と。

これ以上は、また明日以降・・・です。


賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
7/3 下げすぎの結果か
今日の日経平均はボリンジャーバンドの-2σの中から
始まりました。
しかしながら、いったんは上に行くのかと思わせるような
ダマシをはさみながら、下に行きました。

しかし、昨日安値を大きく割り込んでいくと、
揺り戻しの上げ。
最後は、昨日終値の付近で終わりました。
結局-2σラインは割り込んで終わりました。

スイングの買いは難しいですね。
スイングでやるなら空売り。
そちらのほうが小リスクでしょう。
それにしても、翌日大きく上から始まってしまうのは、
怖いところかと思います。

今日であればデイトレ。
いわゆる、14時30分以降の逆の動き・・・
というのに、今日はぴったりはまりました。

その日の大きな動きに対して、
14時30分以降は反対に動いていくものです。
最後の最後はまたズドーンもありるのですが、
ラスト30分の動きは、取りやすいこともあります。

だいじなことは、余勢をかって持ち越ししないということ。
ラスト30の動きは、
翌日の動きを示唆するものではありません。
そう思いたくなるのは理解しますが、
実際にはほぼ無関係です。

デイトレの買いがスイングになってしまうと、
状況は大きく大きく変わってしまうことを、
銘記してください。


賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!