損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
12/17 「損切りは大事だ」を理解する
「損切りは大事だ」というのは、誰でもわかっています。
私も、トレードを始めた頃から、
心の底からそう考えているつもりでした。

でも、実際のところ、痛い思いをするまで、
いや、痛い思いをした後でさえ、
きちんとした損切りができなかったのが現実です。

1回目の大きな損失。

5年以上前になりますが・・・
顔面蒼白、ほとんど震える手で、仕切りのクリックを
ポチっと押して、大きな大きな損失を確定させました。
「放っておけばいずれ値は戻ってくる」と思っていたのに、
ついに放っておけない限界が来たのです。
損失は、数百万円を超えていました。

そんな大金でも、クリックはポチっと1回だけです。
その軽さと、自分がしていることの重さのギャップに、
非常に戸惑いを感じたのを覚えています。

「何でこんなことになってしまったのか?」
後から、非常に悔みの気持ちが出てきました。
最初は、1000株(1単元)だけの仕掛けだったのです。
それが、あれよあれよと数カ月、
ナンピンを何度もやって損失が膨らんで行ったのです。

「損切りは大事だ」。
十分にわかっているつもりのこと。
この大失敗で、本当に十分に身にしみたつもりでした。

でも、それだけの嫌な経験に学んだつもりが、
その数ヵ月後に、ほぼ同じような2回目の大損失を
やらかしてしまったのです。
(1回目は買い、2回目は売りでした。
 ちなみに、同じ銘柄です。)

思うに・・・損切りできるかできないか。
直接的には、株価が最初に損切りポイントに来た、
そのときにかかっています。
それは、本来は「最初に」などというものではなく、
最終最後のポイントです。
ぎりぎり最後のポイントだからこそ損切りなのです。

そのポイントで損切りできなかったら、
おそらく、運が悪ければ(さらに逆行すれば)、
とことん損切りできずにいってしまいます。
そうなれば、相場からの撤退が待っています。
まあ、つまりは地獄です。

一度損切りに失敗すると、ただそのまま放っておくだけでなく
含み損の挽回や軽減を考えるようになります。
で、ナンピンや、場合によってはリスク回避の両建てとなります。
そしてさらに、含み損を増やしてしまいます。

損切りが予定通りにできないトレーダーにとっては、
損切りそのものが想定外のように感じられています。
現実のものとして、はっきり認識していないのです。
ポイントに来て初めて現実に「どうしようか」と考えるのです。
(本来は、「どうしようか」ではなく、
 問答無用の仕切りのはずなのです。)

ましてや損切りの失敗など、ハナから想定外。
だから、ナンピンだって両建てだって、想定外なのです。
想定外で戦えば、どう考えても普段より不利になります。
うまくいく確率も低いわけです。

不利な状況の中、やはり運が悪ければ、
さらに含み損は膨らみ、最早取り返す術もなくなるのです。

「本当にバカだなあ!」
誰だってそう言います。
でも、誰だって、はまる可能性があるのです。
はまらないとしても、それは単に運が良かっただけのこと。
いつか地獄に落ちる可能性があることに、
変わりありません。

私は、こうしたことを、自分の実体験でしか
学べませんでした。
そして、理解できるようになったのは、ようやくトレード利益が
コンスタントに出るようになってからです。
あるいは、コンスタントな損切りが、コンスタントな利益を
生んだと言うことかもしれません。

簡単に言うと、大した練習もしないで試合に出てしまって、
当然のように惨敗した、というだけのことなのです。
仕事でも、スポーツでも、研修も練習もなく、
いきなり本番に出されれば、みじめな状況になるのは
火を見るより明らかです。
でも、トレードだと、そんなことすら見えないままに、
みんな相場に飛び込んで行くのです(私もそうでした)。

必ず実行する損切り。
決めたことを実行するための小さな我慢を、
何度も繰り返して、少しづつの利益を取っていくことで、
トータルをプラスに持っていく。
これができるようになって初めて、
損切りが利益のためのパーツであることが理解できました。

愚直で闇雲な実行の経験と、そのことによる成功体験が、
「損切りは大事だ」を理解させるのです。

もちろん・・・、
そのためには、成功体験をもたらしうる、
仕掛けの技術の勉強が絶対に不可欠です。
仕掛けがまっとうにできなければ、そもそも正しい損切りが
成立しませんから。

結論的にいうなら、
損切りは、メンタルなどではありません。
結局は、どれだけトレード全体を理解しているか、
正しい洞察に基づいたトレードがどの程度できているか、
そういうテクニカルの知見に依っています。

損切りは、トレードの決定的な条件です。
ですが、正しい損切りをするためには、正しい勉強が必要なのです。
そして、本来なら、正しい勉強に基づく練習も必要です。

「これならやって行ける」というある程度の実感をもった上で、
相場に出るのが正しいやり方だと認識します。

・・・・・・・・・・

このところ、おススメしている 「維新流トレード術」の本 を読むにつけ、
自分の考えも今一度まとめてみようと思いました。
トレードについての考え方に関しては、
この本に書かれていることは、これまでのどんな本よりも、
私の考えに近くあります。
なので、上に書いた損切りについての考え方も、
この本の解説のようになった感じがします。

この考え方を分かった上で、さらにテクニカル手法について
読み進めば、より理解は進むと思いました。

参考にしていただければ幸いです。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
10/2 デイトレも日足が出発点
デイトレの銘柄の条件は、とにかく、よく動くことです。
長い時間のトレンドを取るというより、短い時間の上下動を
取るというのがデイトレですから、
動かなければチャンスがありません。
まずは、何よりも動くこと、これが第一条件。

でも、ただ、動けばいいかというと、そうでもありません。
出来高もそこそこないと、板がスカスカの状態になり、
値が飛んでしまうこともあるからです。
動くという条件と同時に、出が飛ばない安定性も必要です。
そのためには、出来高のある程度の大きさも条件となります。

動きの良さと、安定性。
デイトレの対象銘柄には、この二つが必要です。
要は、旬な銘柄・・・ということなんですが、
これは、トレードやシミュレーション(疑似トレード)を毎日続けていくと、
次第に感覚的にわかってきます。
トレーダーが群がって、板が四六時中動いている様子、
これは、否が応でも目に入ってくる銘柄です。
そんな銘柄こそが、デイトレに向いているのです。

まずは、シミュレーションの段階で、
めぼしい銘柄をいくつか見つけておきましょう。
まずは、日経225銘柄に限定してもいいと思います。
225銘柄の中から、動きのいい奴を見つけて、
そして、いくつか見つけたら、しばらくは毎日、
その銘柄を見ておくことにします。
何度も何度も、その銘柄でシミュレーションします。
そして、銘柄の日々の動き方のクセをよく見ておきます。

※ くれぐれも、いきなりデイトレで仕掛けていかないように。
  初心のころは、デイトレでは、仕掛ければ、
  まず確実にやられます。
  なので、シミュレーションを繰り返してください。
  納得いくまで繰り返してから、
  ホントのお金を掛けることにしましょう。

「動き方のクセ」というのも、わかりにくいとは思います。
ここで書いている「クセ」というのは、その銘柄特有の
ものを指しているのではありません。
一般的に、株のデイトレで見ている分足の動きのことです。

よく、デイトレの本には「銘柄特有のクセ・・・」などと
書いてありますが、はっきり言って、
そんなものは気にする必要はありません。
銘柄特有のクセを自分のメインの武器にするようなトレードは、
たかが知れています。
そんなことより、もっと大きな、株の動きの一般的なクセを
見つけていくほうが、よほど生産的です。

そして、まずは一番大事なこと。
シミュレーションであっても、デイトレに入る前に、
必ず、日経平均の日足チャート、その銘柄の日足チャートを
よく確認し、その日が「買い」に有利なのか「売り」に有利なのか、
しっかりと見ておくことです。
ここは、スイングトレードと一緒です。
デイトレでも、出発点は日足チャートです。

「買い」に有利か「売り」に有利かは、
はっきりわからないことの方が多くなります。
そんな時は、朝いきなりのデイの仕掛けはなしにします。
(というか、朝いきなりの仕掛けは、通常やりません。)
そして、しばらくふん足の動きを眺めた後、
その日の流れを確認したうえでエントリーします。

・・・

デイトレの話。
こんなもんじゃ、とてもわかるはずもないし、
これですべては、もちろんありえません。

でも、とりあえず、雰囲気だけ。

これから、折に触れて、大事な話を織り交ぜていきます。
毎日触れていただければ、次第にデイトレがわかってくるように・・・
そんな記事づくりを目指していきます。
それが、私自身にとっても、ためになると思うからです。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
6/17 トレードは日常性
明るいうちにブログの記事を更新したいと、
いつも思うのですが、なかなかそうもいきません。
毎日、見ていてくださる方々には、
本当に申し訳ないという気持ちです。

相場が終わると、自分自身の事務的な整理がまずあって、
翌日の相場についてスタンスなど考えて、
それが短時間で終われば、すぐに記事に取り掛かれます。
しかし、少しでも長くなってしまうと、すぐに夕方になり、
人と会う予定が入っていれば、夜の飲食が終わる時間まで、
なかなか一人の時間が取れなくなります。

ブログ自体は、自分自身の日記のようなもので、
その日のトレードについての心の整理をつけることを第一に、
目に見えぬ読者に向けて書いています。
いろいろと、ご意見はいただきますが、
このスタンスだけは変えていません。
そして、今は書くことが習慣化しており、
毎日、自分に何らかの決着をつけられていると感じています。

よくまあ、毎日毎日、同じようなことを書いているものだ、
と、自分ながら驚きます。
しかし、同じようなことを繰り返し繰り返し書いていても、
そのことに飽きることはないし、だから書かない、という
気持ちにはなりません。
それは、やはり、
毎日毎日、仕掛けや仕切り、なにより、損切りについては、
常に意識に上らせておくべきだと思うからにほかなりません。
自分にとっては有効だと思えているのです。

同じことを手を変え品を変え書く、ということで、
自分はずいぶん救われているなと思います。

損切りは、どこまで行っても大切です。
そして、どこまで行っても、破滅の第一歩は損切りの失敗です。

そう考えるのであれば、損切りの重要性の認識は、
日常的に考えられなければなりません。
突発ではなく日常。
お祭りではなく日常。
1回でも失敗したら、それが退場につながりかねないのが
損切りなのです。

日常というのは、もともと、本当につまらなくて、飽きやすいものです。
でも、生きている基盤は日常からしか掴み取ることができませんし、
日常の中に見出すものです。

つまらなさや、飽きやすさに負けていては、
お祭りでしか喜べなくなります。
人は小説やドラマの中で生きているわけではありませんから、
お祭りだけでは生きていかれません。

日常が嫌いだと、日常の積み重ねができません。

トレードは、つまらない日常性との戦いだと思います。
そして、長期にわたって利益を重ね続けることは、
日常を自分のものにすることだと思います。

なんとなくでもいいので、このイメージ、
わかりますでしょうか?

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
3/6 買いは我慢で取る
買いの場合の含み益は、売りに比べてゆっくり増えていきます。
イメージや気分で利益確定してしまうと失敗します。
トレードのお決まりから言えば、
自分が利確した次の瞬間から、急上昇するのが常です。

買い保持の時こそ、我慢です。
ルールを変えずに愚直に待つしかありません。

思わぬ長期間の保持になることもあります。
ですが、それもよくあることです。
自分のルールがおかしいのではないかなどと不安にならずに、
しっかり保持し続けていいのです。

含み益が生じると、そわそわして、落ち着かなくなります。
一度手にした利益を失うのが、嫌なのです。
初心のトレーダーであれば、それはとてつもなく嫌なものです。

一時は含み益になっていたのに、
利益を伸ばそうとする過程で、含み損になってしまい、
結果的に損切りになったことはないでしょうか。
これも、ごく普通のことですから悩まないことです。
一時の含み益のために、気持が乱され、
できる損切りもできなくなったら、破滅です。

また、上昇の天井は、狙えるものではありません。
俗に「頭と尻尾はくれてやれ」と言われるように、
底と天井は、あくまで結果論であり、今いる地点が
天井なのかどうかは、後にならなければわかりません。
頭や尻尾のほうが大きくなってしまうことも多いものです。

目の前で展開している上昇トレンドは、
下から上まで全部取りたいものです。
また、他のトレーダーは、それができていると誤解しがちです。
「違う手法なら全部利益になったのに。」
「自分の手法は、間違っている。」
そんなふうに考えてしまうものです。

でも、決してそんな人はいません。
できたという話があっても、それは稀有な偶然にも近い事例です。
恒常的にできるなんて、あり得ないと断言します。
惑わされちゃダメです。

日経平均が、上昇してくると、
いろいろなトレード手法が取りざたされ、PRされます。
しかし、本当に聞く価値がある情報は、ほとんどありません。
あれば、このブログでもお知らせします。

自分の道を大切に進むこと。
それがダメなら全部ダメ。
かたくなで、融通の効かない感じがいいのです。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
2/14 けっこう正しい法則
損切りをする時によく出くわすのが、
自分の損切りが約定した瞬間に、株価が逆に行くことです。

例えば、買いで保持していた銘柄の株価がどんどん下がり、
損切りラインまで来てしまったというケース。
当たり前のように、そのラインで機械的に損切りをしたときです。
損切りした瞬間に、また株価が上昇し始める・・・。

いったい、何のために損切りしたのか。
損切りしなければ、含み損は減ったのに。
そんな風に、考えてしまいます。

損切りの時だけではありません。
利益確定したときは、仕切った瞬間に大きく順行したりします。
あるいは、仕掛けの時に、仕掛けた瞬間に逆に行くとか。

それも、癪に障るのは、自分がやった時だけそうなる・・・
と感じることです。
今までは普通に動いていたのに、なぜ自分が動くと、
急に相場は逆に動くのか?
どうして、相場は、自分の動きといつも逆なのか。
相場が私を見ているのか・・・
私に才能がなさすぎるのか・・・

私も、初心の頃には、いつもそんなことを考えていました。
そして、もし仕掛けや仕切りを少しだけでも変えていたら、
それだけのことでずいぶん収支は違っていたのに・・・と
考えて、シミュレーションを繰り返したりしたものです。

でも、結局は、考える必要がないということに落ち着きました。

はっきりとはわかりませんが、
仕切りにせよ、仕掛けにせよ、
そのポイントが重要jなポイントであればあるほど、
そこで相場が動く可能性は大きいと思います。
したがって相場の傾向が変わる可能性も大きくなるはずです。

だから、自分の動きが起点になって相場が動くのなら、
重要ポイントの把握という意味では、間違っていないのです。

逆に動くのか、そのまま動くのかは、その時の流れでしかありません。
だから、自分が動くと「いつも」というのは言いすぎです。
きちんと調べれば、そんなことはないはずです。

損切りは、1回でも失敗すれば破滅に結びつく可能性があります。
なので、損切り後の動きに注意を払う必要など、もともとありません。
損切り後の逆行が、仮にほぼ確実だったとしても、
残された1%の中に、破滅の道があるかもしれないのですから。

だから、とにかく切らなきゃダメなんです。

利益確定も、もっと引っ張りたいとしたら、どういうルールにするのか、
ルールを決めた時点で、同じような状況にぶつかるはずです。
いずれにしても、どこかで線を引かなければならないのです。

自分が動くと、相場も動く。
そして、まあまあの確率で逆行することもある。
場合によっては、大きく逆行することがある。

こればっかりは、けっこう正しい法則です。
たとえb、どんな対策を弄したとしても、
その対策に対して、やっぱり、この法則が成り立ってしまうのです。
気にしちゃあいけません。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ