損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
6/14 いったん下降となりました
壁に跳ね返されての下降です。
日経平均は、持ち合いではなく反転下降となりました。

驚くにはあたりません。
これくらいは想定の範囲内です。

むしろ、次のブレイクがさらに大きくなる、
と考えられます。

ここで買いのスタンスを曲げてしまうことはありません。
上昇相場には違いないと思いますから、
次の上昇チャンスを狙うというスタンスは変えません。

しかし、いったんは様子見ですね。

動かなくてはいけない・・・
なんてことはありません。

下手に動くのは、相場では自滅と同じです。

いつも同じですが、
チャンスはいつか必ず来るのです。
その時に動きましょう。

賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
6/13 23,000円が固い
日経平均、今日は持ち合いでした。
やはり、23,000円を前にした持ち合い。
壁はなかなかに厚く、固い様子ですね。

しかし、壁が厚ければ厚いほど、
突破したときの勢いは大きいものです。
そして、そこはトレードでは大きな狙い目になります。

「ブレイク狙い」ということです。

トレンドフォローである限り、
たいていの仕掛けはブレイク狙いです。
ブレイクしたその瞬間を狙うやり方。

職業としてトレードをやっているプロは、
ブレイク前の仕込みに注力します。
ファンダでプロのトレードをやる他人、集団は、
ブレイクを待たずに仕掛けていきます。

プロの情報がなければ、それは不可能。
だから、私は、ブレイクを合図に仕掛けるのです。

もちろん、ダマしもあるし、ふるい落としも出てきます。
しかし、それを恐れていたら、進みません。
まずは、ルール通りに仕掛けることから始まります。

23,000円のブレイクは、大きな買いチャンス。

そんなことはわかっている・・・
と言う人ほど、買いにいけないんです。

まあ、じっくりとその時を待ちましょう。

(ギャップが空いて抜けたら、それもまた買いのチャンスです。)


賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
6/12 壁がありますね
なかなか抜けない23,000円。
やはり、壁がここにあります。

今日の日経平均は、いきなり寄付きすぐから23,000円を
オーバーしてきたのですが、後が続かず下降。
結局は陰線になってしまいました。

でも、ローソク足の状況は一応上昇です。

難しいところです。
仕掛けるに仕掛けられない、という状態でもあります。

買いの視点から見れば、何とか23,000円、
そして5月の高値を抜けていってほしいものです。
なかなか、そうはいきません。

まあ、焦ったところで仕方なしです。
こんなものです。
いつもいつも、そうそう思い通りにはいかないのです。

損切りの繰り返し。
それでも、それが正しい損切りなら、
切りまくってしかるべき。

どんな相場が続いても、
正しいキャリアを積んでいけば、
きっと利益に結び付きます。

妙な仕掛けはしないように。

また、正しい仕掛けでも損切りになることは多くあります。

本当のことです。

賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
6/11 停滞を覚悟
日経平均は陽線ではありましたが、元気なし。

そこは、いくら贔屓目に見てもそうです。

今日のローソク足は、陽線ですが上昇ではありません。
あくまで下降のローソク足です。

でも、だからと言って、売りの日だったかと言うと、
そう単純ではありません。

まあ、まちまちです。

停滞の時は、まちまち。
そういうことです。

まだまだ、月曜日。
あと4日もあります。
この先はどうなるかわかりません

しっかりルールを守っていきましょう。

賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
6/10 準備をすると案外に
土日になると東証一部の銘柄をざっと見渡します。
もちろん、土日だけではないですが、
土日は特に全体をざっと見渡しておきます。

東証一部の銘柄だけなら、
ほとんど時間もかかりません。

それで、今日わかったのが、
今、空売り型の銘柄が案外に多いということ。

ざっと目についただけでも・・・
ユニチカ(3103)、大塚HD(4578)、横浜ゴム(5101)、
デンソー(6972)、パナソニック(6752)、
川重(7012)、マツダ(7261)・・・・

これらは全部、
日足のチャートの形だけでいうと売りの形です。

買いの準備をしようというのに、
これだけの空売り型の典型例が出てくると、
ちょっとぐらついてきてしまいますね。

でも、やっぱり準備としては空売りの意識は封印です。
後は、明日の動きに任せていきます。
明日もし、いきなり空売りの相場になってきたなら、
その時は・・・
そういう感じで行きたいと思います。

まあ、大体、準備段階での目論見は、
相場が始まってみると外れることが多いのです。

動くだろうなと思っていると動かない。
上がるかなと思っていると下がっていく。

まあ、そういうものです。

賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!