FC2ブログ
損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
8/15 逆張りはやらない
終戦記念日の日本。
またまた大きく落としました。

結局のところ、昨夜のニューヨークが、
がた落ちしてしまった、ということ。
マイナス800ドルでは、なす術もありません。

そして、まだまだ落ちるぞ、
と言わんばかりではあったのですが・・・
安値更新は何とかこらえて、
日足ではボリンジャーバンドの中に戻っていきました。

やはり、まだまだ下があるんでしょうかね。
ありそうなんですね、これが。
落ちるときには、とことん落ちます。
それが相場。

少し反転したとしても、
ほぼ付け焼刃のようなものです。
下降相場は、短期でどんどん行ってしまいます。

買いで相場を見ていたい人にとっては、
地獄のようなときです。
でも、焦っても何もなりません。
じっと待つだけでしょう。

ちょっとした反転をも狙っていくなんて芸当は、
できるもんじゃありません。
逆張りは、決まれば気持ちのいいいものですが、
それをスタンスの基本に置くと、きっとうまくいきません。

あえて言うなら、
逆張りには、損切りポイントが存在しないのです。
リスク管理ができません。

私は、逆張りはやりません。
(逆張り的な仕掛けはやりますが。)

賛同いただけたならばクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
8/14 それでも持合いの範囲
ニューヨークダウが大きく上げてきているようです。

今日の日経平均も上げました。

しかし、75日移動平均線や25日線を見れば明らかなように、
基本的な方向は下げなんです。
下降相場です。

確かに、5日線は上向きになりました。
短期で見れば上昇です。
この後のニューヨークの動き次第では、
明日の日経平均は急上昇になるでしょう。

それでも、全体的には持合いの域を出ないと思います。

決して、お盆の閑散相場といって感じでもありません。
出来高もあります。
それで、この動きなんですから、
そう簡単には、下降相場を抜け出せるはずもありません。

会でもいいけど超短期。
もしくはデイトレ。

日々の動きに戸惑うのも仕方ありませんが、
大事なのは重要なラインです。
そこを忘れずに、基本のみに忠実に行きます。

いつも通りです。

賛同いただけたならばクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
8/13 覚悟しておくこと
とっても遠い話なのかもしれませんが、
今の下降相場入りを見たとき、
少なくとも、1-2年単位で過去相場になるかもしれない、
ということは、覚悟しておく必要があります。

それは、日経平均の月足のチャートを見れば、
わかること。
ここから下降相場に入れば、
一次的な上下動はあっても、
そう簡単には上昇に戻らないことがわかると思います。

途方もない話に聞こえるかも知れませんが、
2012年当時の10,000円を割れていた相場に
戻ってしまうかもしれないとも考えていいと思います。

そうならない確固たる理由など、どこにもありません。

来年が東京五輪、それはすでに織り込み済み。
2025年の大阪万博?
それも、すでにわかっていることです。

東京五輪以降、日本経済はちょっとやばいんじゃないか、
というのは、誰もが思っているところ。
そこには、何らの回答も出ていません。

もちろん、そのあたりは、テクニカル派の私たちには、
ほとんど関係ありません。
でも、テクニカルだけなら、
やっぱり、長期t低迷の予測は十分に立つのです。

東京五輪が決まったあたりで、
様相を変えた日経平均と日本相場。

でも、そろそろ、賞味期限切れではないでしょうか?

集団心理か繰り返す。
だから歴史は繰り返す。

私にとっては「覚悟」というより「機会」です。
ワクワクする方が先ですね。
世の中のほとんどの投資家にとっては、
そうではないと思いますが、そこがかえって狙い目なんですね。

そんな思惑も持ちつつ、
毎日やってます。

賛同いただけたならばクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
8/10 それでも落ちていく
相場はいつも大衆の期待には反した動きをします。

それは、よく考えればあたり前のことで、
最優先するのが、相場に関係した仕事をしている
人たちだからです。

大衆は、余剰資金で相場に入っているのが一般的です。
そして、その余剰資金を狙っているのが職業投資家なんです。
だから、大衆が継続的に儲かるはずはないのです。

昨夜のニューヨークダウも75日移動平均線あたりの動き。
ローソク足は一応上昇ですが、
75日線との絡みを見たとき、
空売りのチャンスの形になっています。

これが、空売りのチャンスなのかどうかは、
おそらく一般素人投資家にはわかりません。

日経平均も同じ。
今の状況を、一般投資家はきちんと読めません。
ひょっとしたら、買いのチャンスと考えているかも。

一般投資家は、相場に関して、
基本の基すら知りません。
少しだけでも勉強すればわかることが、
わからないのです。
75日線なんて、見たことも聞いたこともないかもしれません。

だから、いつだって逆に行ってしまうのです。
プロが手放すときに、素人が買ってしまうのです。

プロの売りを素人が買い受けたら、負けは必定です。
プロは絶対に損はできません。
でなければ、生活ができなくなりますので。

素人の損失がプロの利益です。

そこを上手いことやろうというのが、
素人の戦略なんです。

来週はお盆相場。
閑散とする中で、大きな動きがあるのでしょうか?

巻き込まれましょうか?
静観しましょうか?

私は、自分が素人でもないと思っています。
まあ、攻めていきます。

賛同いただけたならばクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
8/8 ダマされてもダマされなくても
相場で面倒なことの一つがダマしです。

持合いの時によく現れるのがこのダマしです。

ブレイクしたと思って仕掛けたのだが、
その直後から反転してしまう。
「さあ行くぞ」と思った時が最悪の時だったというやつです。

これは、相場の初心者だろうが熟練者だろうが同じ。
どっちにしてもダマされるのです。

この際、ダマされたくないと思ってしまうと、
相場での行動ができなくなります。
ダマしを恐れてしまううと、仕掛けができなくなるのです。

だからこその損切りなんです。

ダマされたら損切り。
それだけ。

それを負けだとか失敗だとか思わないことです。

ダマしは避けるのではなく、正しく対処するのです。
正しく対処できれば、それはそれでキャリア。
繰り返していけば、必ずうまくなります。
というか、利益が出てくるはずです。

今は、もはや持合い相場ではありません。
しかし、大きく動いている局面では、
動きと動きの間に持合い的な展開があります。
そこで起こるのが、やはりダマしなんです。

恐れちゃダメです。
恐れは感情。
感情は、本来的にトレードに不要なものなんです。

とはいえ、人間なんで恐れることはありますよ。
当然に・・・。

でも、不要なものであることの認識はしておきたいです。


賛同いただけたならばクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!